赤ら顔 白漢しろ彩 ウルウ ULU

赤ら顔と洗顔

赤ら顔を治すうえで、洗顔も大切なポイントになります。
赤ら顔のお肌はとてもデリケートな状態であり、皮膚そのものが薄いことがおおいもの。
洗顔は優しく、そして洗顔料にも気を配る必要があります。

赤ら顔に使用する洗顔料

洗顔料を選ぶ際には、無添加だったり、弱酸性の洗顔料や洗顔石鹸がおすすめです。
また、こすらずに優しく洗えるものとして、泡立ちが良いものにしましょう。
毛穴、肌の黒ずみやざらつきが気になり、使いがちなスクラブ入りの洗顔料や、ピーリング洗顔料を使うのは、赤ら顔の肌に刺激を与えるので、NGです。

赤ら顔の洗顔に冷水は禁物

冷水による刺激で急激に肌が冷えることで、肌の毛細血管が開き、赤ら顔がますます悪化することもあるので、注意が必要です。
また、逆に熱いお湯の場合、皮膚の毛細血管が拡張するので、赤ら顔がより悪化する原因にもつながってしまいます。32℃くらいのぬるま湯を使って洗い流すことが、肌に刺激を与えることがなく最もおすすめな温度です。

洗顔後のタオルも優しく使う

洗顔後タオルでふき取る時。やわらかい清潔なタオル顔に刺激を与えないようにこすらないことが鉄則です。

 

赤ら顔に摩擦&刺激は禁物!
洗顔も優しく、丁寧に!