赤ら顔 白漢しろ彩 ウルウ ULU

冬の赤ら顔

冬になると赤ら顔の症状が悪化してしまう。
例えば、寒い屋外に出た時に、すぐに頬が真っ赤になってしまう。暖かい部屋に入った時に、頬が火照って赤くなってしまう。など、赤ら顔の症状が出てお困りになる人が多くなります。
冬に、赤ら顔の症状が悪化してしまう原因は、気温の温度差にあります。

温度変化が原因で赤ら顔になる

顔には体の部位の中でも毛細血管の密度が高く、たくさんの血管が集中している場所です。
温度変化が起こることで、血管が拡張すると、頬の赤さが目立つ状態になります。

 

皮膚内の毛細血管というものは、温度差に合わせて自律神経によってコントロールされています。つまり、血管を拡張したり伸縮させて体温を維持しています。
屋内と外気の温度差が大きい時には、毛細血管は拡張伸縮を頻繁に行います。
その分、自律神経が過敏になっている状態にあることで、ほんの少しの刺激でも毛細血管は拡張し、血流が停滞してしまい、赤ら顔の状態になってしまうのです。

 

また、敏感肌質などの際には、表皮が薄くなってしまっていることが多く、温度や環境等の皮膚への刺激が直に真皮に伝わり、毛細血管の拡張による顔の火照りで、血管内の血液の色が透けて見えて顔の赤みが目立つ様になります。