赤ら顔 白漢しろ彩 ピオリナ

赤ら顔にビタミンC誘導体が効果あり!

赤ら顔対策化粧水である「白漢しろ彩」と「ピオリナ」には、ビタミンC誘導体が配合されています。
炎症による赤ら顔の改善に、ビタミンC誘導体化粧水が効果があります。
ビタミンC誘導体には、非常に高い浸透力と美白効果、抗酸化作用で炎症や皮脂分泌に効果的に作用するので、赤ら顔の原因が、ニキビやニキビ跡だったり、炎症や皮脂分泌によるものの場合、ビタミンC誘導体配合の働きで赤ら顔を解消してくれます。

 

「白漢しろ彩」

「白漢しろ彩」に配合されたビタミンC誘導体は、リン酸アスコルビルMgです。
リン酸アスコルビルMgは、アンチエイジングの成分としても使われている成分。
リン酸アスコルビルMgは非常に浸透率がよいマグネシウムやミネラルが含まれているのでお肌に塗ることで皮膚細胞の奥にまで浸透しやすいという特徴があります。
水溶性ビタミンC誘導体の中でも、一番効果があるといわれている成分でもあります。
また、ビタミンC変換率も高く、即効性が期待できる成分です。

「ピオリナ」

「ピオリナ」に配合されたビタミンC誘導体は、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na。
アプレシエ、APPS、浸透型ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体ともいわれます。
リン酸型ビタミンC誘導体に脂質のパルミチン酸を結合させて親油性(油溶性)を与えた両親媒性ビタミンC誘導体。
水溶性と油溶性の両方を持ち合わせているのでそれぞれのメリットを生かし、吸収性や持続性が優れています。
また、ビタミンCの欠点である塗布後のツッパリ感やべたつき感も改善され、刺激が少ないのが特徴です。

 

 

しろ彩 成分